スポンサーリンク

Behind the Newsについて

オーストラリア教育番組 BTNの番組サイトについて。

About Us
Behind the News is a fun, accessible way for upper primary and secondary students to learn about what's happening in the world around them.

About BTN

BTNのサイト AboutをクリックするとBTNのサイトについて書いてあります。

About BTN
Behind the News (more commonly known as BTN) is an educational news program aimed at 10-13 year old kids. It unpacks and explains news and current affairs to young people in a dynamic and creative way.

Behind the News(より一般的にはBTNとして知られています)は、10〜13歳の子供を対象とした教育ニュースプログラムです。 ニュースと時事をダイナミックにクリエイティブな方法で解き明かし、若者に説明します。

BTN AboutをGoogle翻訳

Behind the Newsというタイトルは直訳すればニュースの裏側、ニュースの深層みたいなタイトルだと思います。 オーストラリアではBTNで知られている人気教育番組で、10-13歳、小学4年生から中学生向けに時事問題、社会問題を子供達にわかりやすく、楽しく理解できるように、簡単でわかりやすい英語で説明している。移民の国オーストラリアでは英語を第二カ国語とする人が多く、BTNは英語学習向けの教育番組としても多く活用されています。

A range of opinions are presented so students gain a greater awareness of differing points of view. Through watching BTN Classroom, students increase their understanding of complex political, economic, environmental and social issues.

さまざまな意見が提示されるので、学生はさまざまな視点に対する意識を高めることができます。 BTNクラスルームを視聴することで、学生は複雑な政治的、経済的、環境的、社会的問題の理解を深めます。

BTN AboutをGoogle翻訳

留学を検討している中学生、高校生にとっては国際的な時事問題のエピソードを選んで、翻訳して内容を理解して、ビデオを携帯に保存して何回もリスニングすれば必ずリスニングのスキルは上達すると思います。社会の時事問題テストにも活用できるし一石二鳥だと思います。 オーストラリアに高校留学検討している学生には絶対活用するべき最高で無料の教材と思います。

Some stories may not be suitable for younger children. We suggest that teachers preview the stories to ensure they are appropriate for their students.
年少の子供には適さない物語もあります。 教師がストーリーをプレビューして、生徒にとって適切であることを確認することをお勧めします。

BTN AboutをGoogle翻訳

オーストラリアは州によっても違いますが、子供向け番組の規制はとても厳しいです。格闘技、ボクシングなどの試合も放送しないので、安心して大体のエピソードは大丈夫だと思いますが、家の子供現地の小学校に通っていた時に小学4年生からこのサイト使ってホームワーク(宿題)をやっていたので、本当に幅広い層から活用されている教育番組だと思います。

Behind the scenes at BTN

Behind the scenes at Behind the News
The team at Behind the News take you behind the scenes to see how their weekly news program is produced.

Behind the scenes

”撮影の裏側”を紹介しているのですが、このビデオを見るページに移って左下にTranscriptとありその横の +をクリックすると台本が表示されるのでこのビデオの会話の内容もテキストで確認できます。

Presenters

Amelia がHost(司会者)で JackとMatthewがリポーターです。Matthewは短縮してMatt(マット)と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました