p1.2 基本 – 母音と子音

Vowel (母音) Consonant (子音)

アルファベットは次のように母音と子音に分けることができます 。

母音とは、「a e i o u」の音 です。 日本語のあ い う え お です。
口の中をどう広げるかだけで出る音。赤ちゃんでも出せる音。

子音とは a i u e o 以外の音です。
舌や唇、歯などが、はき出される息を邪魔(じゃま)することで発音されるのが子音です。

 

母音は基本的に短母音長母音にわけることができます。

短母音が音読みした時の発音です。長母音はアルファベット読み、名前読みしたときの発音です。

* 前回のレッスン「フォニックスとは」を参照ください。
* ある条件で長母音の発音をするルールがありますが、フォニックスのルールまた後のレッスンで学びます。

A | 短母音 ”あ”  -  長母音 ”エ”

 

—-   

基本短母音の音

Short vowel sounds

a  e  i  o  u 

発音記号 æ e i ɑ ʌ

         

日本語と比較

a (æ) - apple
e (e) - egg
i (i) - ink
o (ɑ) - octopus
u (ʌ) - umbrella

* 母音はすべて有声音です。

 

あと声音には有声音無声音があります。
基本的に声はのどぼとけにある、声を出すための器官「声帯(せいたい)」の振動でつくられます。

有声音声帯で作られた音
無声音は声帯の振動を使わないで、息だけでつくる音(口笛など)です。

 

 

基本子音の音
Beginning Consonant sounds

b b | c k | d d | f f | g g |

h h | j ʤ | k k | l l | m m |

n n | p p | r r | s s | t t |

v v | w w | x ks | y J | z z |

* 無声音( p / t / k / f / h / s ): 声を出さずに息だけでだす音。声帯の振動がない。

*  “x” だけは単語の最後につく音で、”k”と”s” が組み合わさった音です。

日本語の場合、ローマ字で書くとわかります。 

”か  ka”  ”き  ki” ”く ku”  ”け ke” ”こ ko

“k” が子音で、子音のあとに母音が付きます。 日本語の場合は ”ん n” 以外の文字は母音で終わります。

なので日本人には英語の発音は難しいですね。

 

b (b) -  ball  c (k) -  cat

d (d) -  dog  f (f) -  fish

g (g) -  goat  h (h) -  hat

j (ʤ) -  jam  k (k) -  kite

l (l) -  lamp  m (m) -  moon

n (n) -  nest  p (p) -  pig

r (r) -  rabbit  s (s) -  snake

t (t) -  tree  v (v) -  violin

w (w) -  watch  x (ks)-  ax

y (J) -  yacht   z (z) -  zip

 

—–




+———————+
発音の学習
トップページへ戻る
+———————+


コメントを残す