都道府県別データ公表 文科省調査

Yahoo ニュースより

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000557-san-soci

 

英語力、高校は群馬、中学は千葉が1位 都道府県別データ公表 文科省調査

産経新聞 4月4日(月)19時33分配信

 文部科学省は4日、平成27年度の英語教育実施状況を公表した。全国の公立高校と公立中学校の各3年生のうち、政府が掲げる目標レベルに達している生徒の割合が最も高かったのは、高校が群馬県の49・4%、中学校は千葉県の52・1%だった。生徒の英語力に関する都道府県別データの公表は初めて。文科省は「他県と比較して改善につなげてほしい」と話している。

 文科省によると、政府目標では29年度までに、卒業段階で高校生が英検準2級以上相当、中学生が英検3級以上相当の英語力を、それぞれ全体の5割が身に付けるよう求めている。だが、調査結果では目標レベルを達成した生徒の割合は全国平均で、高校が34・3%(前年度31・9%)、中学が36・6%(同34・6%)にとどまった。

 

 一方、政府は英語教員にも英検準1級以上か、それに相当する資格の取得を求めており、29年度までの目標の割合は高校が75%、中学は50%だが、今回の調査では高校が57・3%(同55・4%)、中学は30・2%(同28・8%)だった。

 初めて公表された都道府県別データで、目標をクリアした生徒数の割合が高かったのは、高校では群馬に続き千葉が45・5%▽福井42・5%。中学ではトップの千葉に、秋田48・6%▽東京47・9%-が続いた。

 上位県で共通しているのは、授業が英語で行われているケースが多かったり、生徒が身に付けるべき能力を段階別に明示した指標の利用が進んでいたりするという。中高ともに好成績だった千葉県では、27年度から英検より試験時間が短い「英検IBA」の全校受験を導入。県教委は「生徒はIBAを通じて自らの英語レベルを把握することができ、さらに上を目指そうという勉強への動機付けにもつながっている」と話す。

 ただ、政府目標をクリアした生徒の割合には、英検取得者だけでなく、授業の様子や学校の試験結果などで教員が独自に英検取得者に相当すると判断した生徒数も含まれ、文科省は「客観性については批判もあるが、公表の効果を優先させたい」と話している。

 

 

 

コメントを残す